披露宴で招待客に喜ばれる料理とドリンクとは

食事とドリンク選びで気を付けたいポイント

地域に合った食事

披露宴会場の地域を意識した食事も喜ばれる事が多いです。
もし、九州在住のあなたが北海道で行われる披露宴に招待されたらどんな食事を期待しますか?
やはり新鮮な魚介類が出てくると嬉しいのではないでしょうか。
では逆に東京であった場合、都会的なおしゃれなフレンチやイタリアンなどを期待したりはしませんか。
または横浜での中華料理なんてものありますよね。
シュウマイで有名な崎陽軒は、家族挙式も行っていて、ケーキカットならぬシューマイカットがありとてもユニークです。
もしそういったゲストの期待を裏切られ、一般的なものであった時のがっかり感は否めません。
もし、遠方からのゲストが多い場合にはそういった点にも気を付けて選んでみるとよいかと思います。

ゲストの年齢層に合わせたドリンク

これまで一般的に喜ばれがちな食事やドリンクメニューについてふれてきましたが、実際にはゲストの年齢層などを考慮する事がとても大切だと思います。
例えば、300人程を呼んだ大きな披露宴である場合には、それぞれ好みは異なり、その年齢幅も職場の人や親せき、友人など幅広いため、食事や飲み物の種類は多ければ多いほど良いでしょうが、家族挙式のような数人程度である場合には、誰が何を好んで頼むであるかは把握できているはずです。
家族挙式の場合には、新郎新婦の兄弟と両親、叔父叔母やいとこくらいまでを招待するかと思いますが、10人から20人くらいの小さな挙式で、招待客が高齢者ばかりのこともあるかと思います。
明らかに、全員がアルコール類を飲まない場合であれば、無理してアルコールメニューの種類を増やす必要は全くなく、むしろ暖かいお茶などを用意してもらえるか等のことを事前に確認、リクエストしておいた方が良いでしょう。