披露宴で招待客に喜ばれる料理とドリンクとは

食事の次に大事なドリンク選び

ゲストに追加料金は払わせない

では、喜ばれるドリンクはどういったものがあるのでしょうか。
一般的に、結婚式場で主催者側がドリンクを選ぶ場合、その値段に応じて頼めるドリンクの種類も変わります。
一番安いドリンクセットの場合、ソフトドリンク、ビールと焼酎程度で、カクテルは各自カウンターでゲストがその都度お金を払って頼むというものもあります。
予算的に厳しい場合、仕方がないかもしれませんが、呼ばれたゲストとしては当日お祝儀も納めているわけですから、好きなドリンクを席で頼み、追加料金もかからないほうが嬉しいに決まっていますよね。
ゲストではなく主催者側へあとでチャージされる事が最近では増えているようです。
また、これまで数々の披露宴に出席したことのあるゲストからすれば、このドリンクは節約していると分かりやすいところでもあるので、せめて追加料金がかからない程度のセットにしておくと恥ずかしい思いもせずにすむのではと思われます。

料理に合わせる

披露宴ではソフトドリンクはもちろんのこと、アルコール類も用意しますが、そのアルコールのメニューをそのコースメニューの内容に合わせて節約するという方法はあります。
例えばフレンチであれば焼酎よりワインやスパークリングワインなどがよく合いますし、頼む人も多いでしょう。
逆に和食コースを出す場合には日本酒などを頼む方が多いと予想できますので、そのコースに合わせたドリンクメニューの種類を決めると節約感も消せ、かつ、ゲストにも楽しんでもらえるかと思います。
どの料理でも頼まれがちなのがビールです。
ビールは低価格のドリンクメニューにほとんどの場合が含まれていますので、そこはおそらく心配しなくても大丈夫かと思われます。